Creative Insole【オーダーメイドインソール】

膝が痛い、足が痛い、腰が痛い、足が痺れるなどの症状はどのように起こるかお分かりになるでしょうか?

だいたいの方は、病院でレントゲン画像やMRIなどから診断を受けて、背骨の変形や軟骨がすり減っているから痛みが出ているというような説明を受けるかと思います。

しかし、痛みがなくなったときに、背骨の変形が修正されたり、軟骨が再生したと思われるでしょうか?

そんなことはありません。

では、なんで痛みが取れたのでしょうか?
それは、背骨の変形や軟骨のすり減りがその痛みの原因ではないからです。

じゃあ、何が原因で痛みが出るのでしょうか?

それは、筋肉や関節周囲の軟部組織の硬さが原因で痛みが出ていることがほとんどなのです。

では、その筋肉や関節周囲の軟部組織の硬さはどうして起こるのかと考えるとその原因は動き方や姿勢にあると考えてます。

姿勢が悪いだけでもいろんな悪影響が起こります。

特に上半身、体幹の形や位置が大事なのです。

人は重い体幹を足の上に乗せて歩きます。

その体幹の位置が足の真上から前後左右に少しずれているだけで、腰や股関節、膝などに加わるストレスが変化するので、痛みに直結していきます。

そして、姿勢を整えた上で歩き方を整えます。

歩くということは、ほとんどの人が毎日行う動作であり、その毎日行う動作が効率の悪いものになっているとすれば、毎日毎日体に負担をかけていることになります。

その毎日の一歩一歩が筋肉を硬くしていたり、関節を硬くしていたり、
神経の近くの筋肉が硬くなれば神経を圧迫して痺れるということになります。

それでは、どのようにその負担をなくしていくかというと、インソールになります。

どのようなインソールかというと、
足の型を取るのではなく、1mmや0.5mmのパッドを靴の中敷に貼り付けていき、歩きを分析し、その方のもっとも効率の良い、ストレスがかかりにくい、歩きを作っていくというものになります。また、インソールによって姿勢を変えることもできます。

 

お一人お一人の歩き方を分析し、完全オーダーメイドのあなたに合った世界に一つしかないインソールを作成することができます。

※作製したインソールを違う靴に入れる場合は、同じ型の靴なら合う可能性が高いですが、全く違う種類の靴だと歩きが崩れてしまう場合がありますので、入れ替える場合はご相談ください。