Creative Conditioning【パーソナルコンディショニング】

膝が痛い、足が痛い、腰が痛い、足が痺れるなどの症状はどのように起こるかお分かりになるでしょうか?
だいたいの方は、病院でレントゲン画像やMRIなどから診断を受けて、背骨の変形や軟骨がすり減っているから痛みが出ているというような説明を受けるかと思います。

しかし、痛みがなくなったときに、背骨の変形が修正されたり、軟骨が再生したと思われるでしょうか?
そんなことはありません。

では、なんで痛みが取れたのでしょうか?
それは、背骨の変形や軟骨のすり減りがその痛みの原因ではないからです。

何が原因で痛みが出るのでしょうか?
それは、筋肉や関節周囲の軟部組織の硬さが原因で痛みが出ていることがほとんどなのです。
痛みの原因となっている部位を洗い出すために、いろいろな徒手的な検査を通して仮説検証を繰り返し行い、痛みの部位を探していきます。
なので痛みが出ているのかをご自身で納得していただけると思います。

例えば、一口に膝が痛いと言っても、膝にはいろんな組織があります。
筋肉はもちろん、靭帯や軟部組織や神経など様々な組織があり、その組織に対して、どのようなストレスがかかり痛みを出してるのかを考えなければなりません。

また、痛くなる部位は、そこだけ動きすぎている、頑張っている部位であることが多いです。
その近くに動きが硬い、サボっている部位があることが多いです。
それを条件を変えたりいろいろな診方で評価していき、動きが足りないところは動きを出し、動きすぎているところがなくなるようにコンディショニングを行います。

人には、やって良い運動とやらないほうが良い運動があります。
例えば、ジムなどに行って運動をしている方でも、せっかく頑張って運動をしているのに体を自分から崩すことになりかねません。
こちらで、お身体を誘導し、歩いてもらい、その歩き方の変化でどのパターンなのかを診ていきます。
その評価を的確に行い、やって良い運動を行っていただくとそれだけでも動きは変化します。

しかし、それでは効果が持続しない方もいらっしゃるので、インソールをおすすめしています。
インソールを履いていただくと、そのやったほうが良い運動をしたあとの体を持続できます。
(Creative Conditioningではコンディショニング加え、オーダーメイドインソールの作製も行っております)