お尻の痛みや足のしびれはなんで起こるの?

みなさん、こんにちは。

仕事もプライベートも充実する!

365日エネルギッシュな体を創り出す

疲れないカラダ職人

Creative Conditioning代表の平林俊太郎です!

今回はお尻の痛みや足のしびれはなんで起こるか例を示しながらお伝えしていきたいと思います。

まずみなさんは、お尻や足がしびれたときに何をお考えになるでしょうか?

最近はテレビや新聞、雑誌などの広告で『坐骨神経痛』という単語をよく聞くと思うので、まず思い浮かぶかもしれません。

実際のところそれは合っていると思います。

しかし、合ってはいるのですが、大切なところが抜けているのです。

『なんで坐骨神経痛が起こっているのか』

これを突き止めなければその坐骨神経痛はなくなりません。

レントゲンを撮り医師から、腰の骨が変形しているとか椎間板が薄くなって神経が出てくる穴が狭くなって神経が圧迫されているなどと言われると思います。

このように言われたらもう無理だと諦める方も多いかもしれません。

しかし、臨床では痛みやしびれがなくなる方は多いです。

これはなぜかというと

レントゲンで映っていた骨の状態が症状を引き起こしているとは限らないからです。

※医師が言うことを否定している訳ではありません。

では、何が症状を引き起こしているのかというと、

筋肉や姿勢によって神経の通り道が圧迫を受けて、

それが症状を引き起こしている方がほとんどです。

圧迫を受けた神経は、その先の神経の支配領域に痛みやしびれを起こします。

ですので、圧迫している組織は何なのか、

またその組織は何で神経を圧迫する状況になってしまったのかを調べなければなりません。

ここから実際に坐骨神経痛がなくなった方の状態をお伝えします。

まず、坐骨神経を圧迫していたのは、梨状筋というお尻の深層にある筋肉でした。

梨状筋とは、仙骨から大腿骨にかけてついている筋肉であり、梨状筋の下を坐骨神経が通過します。(中には梨状筋を坐骨神経が貫いている方もいます)

下の写真の青くなっているのが梨状筋です。

そして梨状筋の下にある縦に走っている黄色の一番太いのが坐骨神経です。このように真下に位置するので梨状筋が硬くなれば坐骨神経を簡単に圧迫しそうですよね。

これは梨状筋をわざと引き延ばすようにしてストレスをかけて痛みを誘発したことから分かりました。

そして、この痛みがどのようにすれば軽くなるまたは消えるのか確かめます。

骨盤にベルトを巻いて、先ほどの梨状筋を引き延ばすようにストレスをかけます。

すると、骨盤にベルトを巻いているときは痛くない!!

骨盤にベルトを巻いていないときは痛い!!

というようになります。

これが何を意味しているのかと言うと

骨盤にベルトを巻く=腹横筋を補助する

※腹横筋は、お腹と骨盤を一周取り巻く筋肉。

下の写真の骨盤と肋骨の間の大きい筋肉が腹横筋です。

腹横筋を補助することで何が起こるのかと言うと

梨状筋が頑張らなくて(硬くしなくて)よくなるのです。

そして、今回の方では梨状筋が何で頑張らないといけなかったのかが焦点であり以上のことを踏まえて考えると、

腹横筋が弱くなって骨盤を支えられなくなった結果、坐骨神経の上にある梨状筋が過剰に働かなければいけなくなり坐骨神経を圧迫していたことが原因となります。

これがこの方の坐骨神経痛の機序です。

今回お伝えしたのはほんの一例であり、いろんな機序で痛みやしびれが起こる方がいらっしゃいます。

病院などで椎間板が…、神経の圧迫が…などと言われても良くなる可能性はあります。

しっかりと痛みやしびれの原因を調べて仮説を立てて検証していくと『あれ、大丈夫、痛くない』なんてことは普通にあります。

是非一度ご相談くださいませ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です